羽根切り台


記事の内容

前へ | 次へ

うみねこのなく頃に年表
2009/06/22 22:30

さっぱり進んでいませんがEP1考察中です。
てゆうか23日からEP2とか普通に無理ですね。
26日からに延ばします。
まずは、全編通しての年表を。
意外とこういう形にして初めて見えてくることもあります。
うみねこのなく頃にWiki
うみねこWikiに完成度の高い年表がありますが、今回はオリジナルで「キャラ年齢年表」というのを作ってみました。
キャラ愛のなせる業(笑)
そして最悪、キャラ愛にしか役に立たないかもしれない(笑)

基本的にEP3基準に、各エピの情報を付加した形式です。
もしこれでエピごとに歴史が違ったりしたら思いっきり破綻。

年齢が絞り込めなかった留弗夫・霧江その他のキャラの年齢は割愛。
蔵臼たちの年齢も完全には絞り込めませんでしたが、ここでは蔵臼を1930年生まれとして計算。
根拠?それは、熟女の年齢を少しでも若くしてあげたいから
以下に根拠とした情報を列挙。
・絵羽は蔵臼の2歳下。
・夏妃は絵羽の3歳下。
・六軒島に引っ越し後、源次のいる時期に絵羽が大学院進学の話をしている。
・楼座が「六軒島に引っ越した当時、私は幼かった」との発言をしている。
・ほか、子どもたちの年齢や妊娠期間。

年度 経年 日付 年齢 主な内容 1930年 56年前   蔵臼(0) ・金蔵と金蔵の妻の夫婦間に、長男「蔵臼」生まれる 1932年 54年前 4月2日〜 蔵臼(2)
絵羽(0)・金蔵と金蔵の妻の夫婦間に、長女「絵羽」生まれる 1935年 51年前   蔵臼(5)
絵羽(3)
夏妃(0) ・夏妃の父と夏妃の母の夫婦間に、「夏妃」生まれる 1935〜40年 51〜46年前     ・金蔵と金蔵の妻の夫婦間に、次男「留弗夫」生まれる 戦前 ?〜41年前     ・秀吉の父と秀吉の母の夫婦間に、「秀吉」生まれる 1944〜45年 41〜42年前 〜8月15日   ・戦時の空襲により、秀吉の親族死亡 1945年 42年前   蔵臼(15)
絵羽(13)
夏妃(10) ・終戦
・金蔵、このころベアトリーチェと出会う 194?〜52年 4?年前〜34年前     ・霧江の父と霧江の母の夫婦間に、「霧江」生まれる
・明日夢の父と明日夢の母の夫婦間に、「明日夢」生まれる  1948年頃  38年前   蔵臼(18)
絵羽(16)
夏妃(13)  ・川畑船長、裏の港にて物資を運び始める  1950年  36年前  6月25日〜 蔵臼(20)
絵羽(18)
夏妃(15) ・朝鮮戦争勃発
・のち約3年の間、朝鮮特需。
・金蔵、大事業を成功させ、たったの27年で右代宮家をかつて以上に復興させる
・その後(時期不明)伊豆諸島の小島(六軒島)を丸ごと購入
 〜1952年 〜34年前
     ・ベアトリーチェ死亡  1952年  34年前   蔵臼(22)
絵羽(20)
夏妃(17)
楼座(0)  ・右代宮家本家屋敷・礼拝堂が竣工(完成)
・金蔵、ベアトリーチェを蘇らせる方法として黒魔術に傾倒
・源治、このころ使用人として仕えはじめる。
・金蔵、南條とこのころ付き合い始める
・金蔵、ベアトリーチェを六軒島に閉じ込めるために鎮守様の社を作る
・金蔵と金蔵の妻の夫婦間(?)に、次女「楼座」生まれる  1954年?  32年前?   蔵臼(24)
絵羽(22)
夏妃(19)
楼座(2)  ・絵羽の大学院進学の夢が破れる  1952〜1967年  34〜19年前      ・ベアトリーチェ、金蔵に捕まる。
・金蔵、新たな肉体の檻を使い、「九羽鳥庵のベアトリーチェ」を誕生させる
・金蔵、「九羽鳥庵のベアトリーチェ」を隠し屋敷(九羽鳥庵)に住まわせる  1955年  31年前   蔵臼(25)
絵羽(23)
夏妃(20)
楼座(3) ・夏妃、蔵臼の嫁として右代宮家に嫁ぐ
・右代宮一家、このころ六軒島に引っ越す
・金蔵とベアトリーチェのチェスが中断  1962年  24年前   蔵臼(32)
絵羽(30)
夏妃(27)
楼座(10)  ・絵羽、秀吉を入り婿として迎える  1963年  23年前   蔵臼(33)
絵羽(31)
夏妃(28)
楼座(11)
譲治(0)  ・秀吉と絵羽の夫婦間に、「譲治」生まれる  1967年  19年前   蔵臼(37)
絵羽(35)
夏妃(32)
楼座(15)
譲治(4)  ・楼座、人間としての「九羽鳥庵のベアトリーチェ」に会う
・「九羽鳥庵のベアトリーチェ」死亡  1967〜68年  19〜18年前      ・留弗夫、明日夢と結婚
・川畑船長、このころ裏の港にて物資を運ぶのをやめる。  1968年  18年前  4月2日〜10月4日 蔵臼(38)
絵羽(36)
夏妃(33)
楼座(16)
譲治(5)
朱志香(0)
 ・蔵臼と夏妃の夫婦間に、「朱志香」生まれる      7月15日 戦人(0)
 ・留弗夫と明日夢の夫婦間(?)に「戦人」生まれる
・霧江、留弗夫との子を死産
・もうひとりの「戦人」生まれる?  1970年  16年前   蔵臼(40)
絵羽(38)
夏妃(35)
楼座(18)
譲治(7)
朱志香(2)
戦人(2)
紗音(0)
嘉音(0)  ・紗音、嘉音生まれる(いつ福音の家に引き取られたは不明)  1976年  10年前   蔵臼(46)
絵羽(44)
夏妃(41)
楼座(24)
譲治(13)
朱志香(8)
戦人(8)
紗音(6)
嘉音(6) ・ベアトリーチェを悪く言っていた使用人、階段から落ち大怪我をして辞める
・紗音、右代宮家で仕え始める
 1976〜77年  10〜9年前      ・真里亞の父、蒸発する。  1977年  9年前   蔵臼(47)
絵羽(45)
夏妃(42)
楼座(25)
譲治(14)
朱志香(9)
戦人(9)
真里亞(0)
紗音(7)
嘉音(7)  ・楼座、「真里亞」を出産  1980年  6年前  4月2日〜10月3日? 蔵臼(50)
絵羽(48)
夏妃(45)
楼座(28)
譲治(17)
朱志香(12)
戦人(12)
真里亞(3)
紗音(10)
嘉音(10)
縁寿(0) ・留弗夫と霧江の間に、長女「縁寿」生まれる      10月4日〜5日    ・同姓同名の違う戦人が参加?          ・明日夢、死去
・留弗夫、霧江と再婚
・戦人、右代宮家と離縁。のち6年母方の姓を名乗る。  1983年  3年前   蔵臼(53)
絵羽(51)
夏妃(48)
楼座(31)
譲治(20)
朱志香(15)
戦人(15)
真里亞(6)
紗音(13)
嘉音(13)
縁寿(3)  ・嘉音、右代宮家に仕え始める      10月3日    ・三宅島火山噴火発生  1983〜84年  3〜2年前      ・絵羽一家、六軒島を訪問。
・絵羽、譲治に見合い話をする。  1984年  2年前   蔵臼(54)
絵羽(52)
夏妃(49)
楼座(32)
譲治(21)
朱志香(16)
戦人(16)
真里亞(7)
紗音(14)
嘉音(14)
縁寿(4)  ・郷田、右代宮家に仕え始める
・ゲストハウス「渡来庵」完成。
・薔薇庭園が綺麗に整備される。
・金蔵、このころより現実と幻想の区別がつかなくなり始める
・金蔵、書斎に引きこもる
・ベアトリーチェの肖像画が展示される。
・碑文が屋敷の玄関ホールの肖像画の下に飾られる。
・紗音と嘉音、ベアトリーチェと会う。
・紗音、鎮守様の社に祀られていた鏡を割る  1984〜85年  2〜1年前      ・真里亞、誕生日に楼座からさくたろうを貰う。      真里亞の誕生日以降    ・真里亞とベアトリーチェ、マリアージュ・ソルシエールを結成する。     10〜11月(秋頃)
   ・真里亞、縁寿をマリアージュ・ソルシエールから破門する
・真里亞、家の鍵を探してる途中で警察に保護される
・楼座、翌日にさくたろうとうさぎの人形を破壊  1985年  1年前  10月    ・金蔵、余命3ヶ月と宣告される
・蔵臼、金蔵を病院に連れ出そうとするも失敗  〜1986年   〜10月3日(金)
   ・右代宮金蔵、死亡
・紗音と譲治、沖縄へ一泊旅行
・朱志香、文化祭に嘉音を招待  1986年     蔵臼(56)
絵羽(54)
夏妃(51)
楼座(34)
譲治(23)
朱志香(18)
戦人(18)
真里亞(9)
紗音(16)
嘉音(16)
縁寿(6)  ・戦人の母方の祖父母が相次いで他界
・戦人、留弗夫の下へ戻る      夏ごろ    ・鎮守様の社に稲妻が落ち、御社・鳥居が破壊される      10月4日(土)〜10月5日(日)
   ・戦人が6年ぶりに家族会議に出席
・六軒島連続殺人事件が起こる
・紗音と源次、金蔵の遺言を書く
・絵羽、碑文の謎を解き黄金発見。数分遅れて楼座も発見
・絵羽、エヴァ・ベアトリーチェになる
・碑文の謎を解いた絵羽だけが生還       10月6日(月)〜   ・警察が現場検証を開始
     10月11日頃    ・消印が10月3日の手紙が南條雅行、熊沢鯖吉、右代宮縁寿に届く      11月15日    ・伊豆大島(三原山)火山噴火発生  1986年〜1998年  〜12年後      ・ワインボトルに詰め込まれた細く丸めたノート片が引き上げられる。
・縁寿、真里亞の日記を持ち帰る
・縁寿、絵羽に引き取られる
・縁寿、警察から遺留品が返還された際、杭を持ち帰る  1987年  半年後  4月 絵羽(55)
縁寿(7)  ・絵羽、九羽鳥庵にあった金蔵の蔵書を競売に出す  1993年  7年後  4月    ・縁寿、聖ルチーア学園に入学  1996年〜1998年  10年後〜12年後      ・縁寿、マリアージュ・ソルシエールに加入し、魔法の修行をする
・縁寿、マリアージュ・ソルシエールから破門される  1998年  12年後   絵羽(66)
縁寿(18)  ・絵羽、縁寿の後見人になり、財産を縁寿に相続させる
・絵羽、縁寿に魔女ベアトリーチェの称号を譲る
・右代宮絵羽、死亡
・ベルンカステルが推薦人となり、縁寿が正式に魔女エンジェ・ベアトリーチェになる
・縁寿、ビルから飛び降りる。
・縁寿、12年前の事実を探りつつ六軒島に向かう
・須磨寺霞とその護衛死亡
・右代宮縁寿、死亡                    

カテゴリ:EP1考察

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン


Powered By FC2ブログ